カタチにとらわれないデザインのご提案 株式会社アイ企画
普遍的なモノへの追求

新しさを求める時代、世の中に置いて行かれているものは何なのか。
それは人の温かさであったり、心の和む場所であったり、ゆったりとした時の流れであったりします。
私は、アイ企画を創業したときに、普通の事をし続けようと心に決めて取り組むことにしました。
普通の気持ちの中で物事を考え、モノ作りを進めたかったからです。
新しいモノはいつか廃れる時が来ます。
目新しいパフォーマンスは、それを上回るものでないと越えていくことは出来ないでしょう。

この世界を見渡すと日々様々な事が起き、息つく間もない日々がめくられています。
私は普通であることの大切さ、いつもが何時もである普遍性の大切さを、
愛を持って育んでいくことで、社会に貢献する働きをし、
心と思考を繋いだ企画・デザインを用いて、お客様と共に進んでいきたいと考えています。

全ては、普遍的な明日を迎えるために。

株式会社アイ企画
代表取締役 兼 プロデューサー 岩 本   薫


シンボルの紹介

お客様・スタッフと心を合わせてプロジェクトを進めていくことをハートに込め、四つ葉を形成するシルエットを、会社のコーポレートシンボルとしています。
愛情・視覚の「アイ」をワードシンボルとして「アイ企画」と命名。「アイ企画」のロゴとしてデザイン事務所としての誠実性をシンボライズすることのできる「光明朝体」を用いて4つのハートと組み合わせ、ロゴマークとして形成しています。